レクサスの下取りと買取

レクサスはもともとはトヨタの北米向けの販売チャネルで、本来は日本国外で売るために作られたブランドですが、現在では国内を含めた全世界で高級車ブランドの地位を確立しています。

 

レクサス店の車はその位置づけがトヨタのクラウン以上という車格になっているので、どのモデルに関しても新車販売価格がかなり高い設定になっています。

 

こういった車は、ディーラーでの下取りにしても、買取店で買取にしても比較的高めに推移することになるのですが、ここ最近はそれほど高くはなくなってきているようです。

 

それまではトヨタの高級車ブランドとして見られていたレクサスが、日本国内でレクサス店が展開するようになって、「高級車のレクサス」から「トヨタの高級車部門レクサス」というように消費者の見方が変わってきたことも関係しています。

 

そのようなた認識に違いがはっきりと出るのが買取店での査定額です。同じモデル、同じ走行距離、同じような状態の車でも、数年前から何十万円も査定額が低くなっているのです。

 

こればかりは仕方がありません、中古車を買う人がそういった目で見ることから中古車販売価格が高いと売れない、ならば価格を安くしよう、安くするなら仕入れを安くしよう、・・・そして結果が買取金額の低下となってしまうのです。

 

しかし、それでもディーラーでの下取りよりははるかに高くなることが多いので、安易にディーラーで査定などということはしない方がいいでしょう。