レクサスを高く売る方法

トヨタのレクサス店で販売されている車は他のトヨタ系列店で販売している車とさほど違いはないのに非常に高値で買い取られています。

 

これは下取りも含めてのことなのですが、こうなる理由な何もレクサス店の車が優れているからではありません。

 

理由は2つ、1つはまず消費者がレクサス店の車は高くて当たり前と思っている大きな勘違いから起こるもので、要するに中古車市場でレクサス店が販売する中古車を買おうとしている方が、年式も古く、走行距離も過走行車といってもいいくらいの距離、ボディは傷だらけでも「レクサス」という魔法の言葉が車名に入っているだけで、200万円も300万円も出して買っていくということです。

 

この時の購入者の気持ちの中には「高いけどレクサス店の車だから当たり前か・・・」というものがあり、これが中古車販売店での価値観をあげることになり、それが最終的に買取店の買取価格を上げることになるのです。

 

そしてもう一つは新車を購入するときに値引きを一切しないということ、値引きをしないということはそれだけ高い金額を払うということ、高い金額を払って購入した車を安く売ろうとはしないため、買取店などで高い査定額が出されないと誰も売ってくれないということになるのです。

 

ですので、レクサス店の車を高く売ろうとするにはこれといって戦術はありません。

 

よく言われる買取店を選ぶとかきれいな状態にして持ち込むとかそんなことしかありませんし、それによって買取金額もわずかしか上がりません。要するに何もしなくても高く売れるということです。

 

下取りに関しては絶対にトヨタ系列店で行うのが一番です。

 

メーカーとしてはトヨタの車のユーザーを他の自動車メーカーに渡したくないので、トヨタの車を買ってそのディーラーでトヨタの車を下取り酢にするというのが一番高くなります。

 

ちなみにやはり下取りよりは買取の方が高くなるので下取りは最終手段と思っておいた方がいいでしょう。