レクサスの新車価格と中古車価格

レクサス店の車は国産車の中でも新車価格は高めの設定になっています。

 

フラッグシップのLSシリーズを見てみると現在販売されているもの半分以上が1000万越え、一番高いもので1600万円近くもするものもあります。

 

トヨタ系列の店舗でも名前を変えて売られているHSシリーズやCTシリーズ、NXシリーズなどもかなり高い価格設定となっており、HSシリーズとSAIの価格差は最大で130万円、CTシリーズとプリウスでは最大120万円、NXシリーズとハリアーでは120万円とどれもトヨタ系列の車よりかなり高くなっているのです。

 

これでは欲しくてもなかなか買えないということで中古車市場に目を向けることになるのですが、驚くことに中古車でもかなり高い販売価格になっていることが多いのです。

 

やはり考えることは皆同じで、「新車では買えないので、程度の良い中古車で我慢するか!」ということで新車需要の一部が中古車市場の流れてきてしまうので、中古車市場で需要はかなり高くなってしますのです。

 

これがレクサス店の車の中古車が高くなる一番大きな理由です。それから年式が古くなってきてもそこそこ高い金額で売られることもあります。

 

これは車種が限定されるのですが、いわゆる高級4ドアセダンと呼ばれるLSシリーズやGSシリーズなどがそれに当たります。これらの車は、歴史が長く中古車にもかなり年式が進んだものが出てきます。

 

さすがのレクサス店の車でも年式にはかないませんので買取金額も販売価格もそれなりに安くなるので、それまで買えなかった若年層がこぞって買い始めるのです。

 

特にVIPカー風ドレスアップ用の車として人気が高く、低年式車や過走行車であっても中古車としては割安感が出てくるため意外と売れてしまうようです。

 

そのため、多少古く距離を走っていても、他の車より比較的高めの買取価格がつく場合もあります。